FC2ブログ

しあわせな自分の人生をつくるストーリー(1)

2021年2月16日(水)のブログです。

しあわせなあなたらしい人生はどんな人生ですか?

わたしは
2013年11月11日に山梨県に住む彼女と結婚をして、
2014年4月から山梨県での生活をスタートさせました。

できごころ?

向こう見ずなところがありました。
今の自分から当時のわたしを見ても
なんとかなるんちゃう?
っていえますが。

自分の人生は自分がやりたいようにやる。
それは変わらぬ信念です。

「なんかよさそう!」
が物事にトライするときに
判断する自己感覚です。

大学院で修士号をもらい、
6年勤めた大阪の学校での仕事にはある意味満足感を感じていました。
でも物足りなさを感じてきていました。

「変わりたい!」と。

30代、いずれは結婚もしていくかと考えていました。
35歳までは修行と定めて独身で職人としての見識を高めたいと思っていました。

お付き合いいただいている今の妻の年齢という事情もあり、
結婚するならこの人だなと思うこともあって、
独身の修行を数年早めて終えて、
研修で毎年いっていた自然豊かそうな山梨へ移住を決めました。

本当の修行はここから始まりました。

臨床心理士の資格があるので全国どこでも
スクールカウンセラーなどの専門職は
そこそこあるもんだと思っていました。
向こう見ずな甘あまな思い込みでした。

山梨県教育委員会に登録して公立学校(小中高)のスクールカウンセラーと
山梨県立大学看護学部の人間関係論という授業の非常勤講師に就きました。
移住当初は見込んでいた仕事量と収入は半分以下でした。

関西でスクールカウンセラーだと子どもの数も学校数も多く
かけもちなどして一般的な月収は得られる。
でも、山梨は人口が80数万人と少なかったのが誤算でした。

それからというもの、
もらえる仕事は多少の無理はあっても
引き受けたり、選挙の報道に関わる短気バイトなども
経験してきました。

面白かったです。
人生は経験が糧になる。
そう思います。

でも、妻や妻の家族や私の周囲には
心配もかけてしまっていたと思います。

つづきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こころとからだのカウンセリング春日
山梨県甲府市朝日3-11-20

#人知れず悩むあなたの心の耳
#こころのメッセージを大切に
#話すことは放すこと
#心を動かしましょう
#自分のこころの保健
#心の処方箋
#あなたを労いませんか
#こころはあなたに理解されたがってる

iamkasugan@gmail.com
相談申込や問い合わせはメールでお願いいたします。

Facebookページ
こころについての動画をライブ配信しています。
39日連続配信中です。
39回目は「初心のころから見た今の自分~初心忘れるべからず(世阿弥)」
お時間あれば春日の語りをご視聴ください。

ここからメルマガ
読者登録大歓迎です
バックナンバー公開中です








関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment