FC2ブログ

素朴な人とのかかわりを大切に

2021年9月18日(土)のブログです。

今日は自宅の庭で育ったバジルを使って
ジェノベーゼソースを作りました。
パスタとバゲットとイカの刺身につけて楽しみました。

ジェノベーゼ

人生は朝露のようだと、
人の一生はほんのわずかな短いものだと
いう考えがあります。

長いようであっという間な人生だとしたら、
わたしはわたしで何をしていきたいでしょうか?

最近の私は、少し行動力がついたように思います。
それは、たまに行く山の中の農産物直売所のお姉さんの影響です。

別の直売所で買っていたある商品が、しばらく手に入らなくて
別の野菜を買おうと思って入ったその山の中の直売所に売っていたのです。

わたしは思い切って、レジのお姉さんに尋ねてみました。
「この商品、定期的に入りますか?」
「次はいつ頃入荷しますか?」
と2つ質問したと思います。

お姉さんの返事は、
「ちょっと待って、今電話して(生産者に)聞いてあげる」

・・・
電話してくれた上に、直接私を生産者に繋いでくださったのでした。

私も直接、生産者に気に入っている商品の感想と、できれば定期的にどこかで
買いたいと要望を伝えることができました。

この商品のことを気にして3か月くらいは頭の片隅で思っていました。
それくらい出会えなかったのです。

お姉さんがしてくれた電話一本で、
3か月の悩みが解消してしまいました。
心の中の霧が晴れた感じがしました。

困ったら、それを知ってそうな人に尋ねる。

当たり前のことなんですけど、
なんか気おくれや遠慮が邪魔をしてしまいます。

でも、多くの人は想像以上に親切に悩みを解消してくれようと
してくれるものです。

これも人類700万年の進化の歴史で、
遺伝子に組み込まれた習性なのでしょうか?
少なくとも日本人には。

「困ってる人には手をさしのべる」

それがシンプルな人の思いやり行動です。

これを機に、
私の中でつっかえが外れました。

⓵困ったらそれを知ってそうな人にたずねること。
⓶困ってそうな人には、私から手をさしのべること。

この2点の思いと行動力が強化されました。

今日も私のアップした行動力で、
お友達の悩みを後押しできたかもしれません。

人生は朝露のようなはかないほど短いものだとしたら、
自分で解決できない悩みは、
人に教わろうと思います。

人を助ける専門家ですけど、
自分が助けてもらうことはなんか遠慮してました。

とはいえ、
たくさんの助けや親切を受けてここまで生きてこれました。

素直に助けてもらうこと、
素直に手をさしのべることの
気持ちよさを40年生きてきて実感できるようになりました。

残りの人生は素朴な人との関わりを大切にしていきたいと思います。

感謝。

@こころとからだのカウンセリング春日

追伸:
最近の愛読漫画の最新刊を読み、
ジーンと心に刺さったことばを紹介します。

「いいものはゆっくりでも売れていく」

みなさんにとって喜ばれる心理士として
ゆっくりとでも喜びの輪が広がっていけるよう
精進していきます。

世界一を目指す実直なジャズミュージシャンの漫画です。



感動しますよ☆彡

スマホやタブレットで
気軽・手軽に読める電子書籍は
いいですね。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment