FC2ブログ

ネガティブ禍

2021年8月30日(月)のブログです。
夏の終わりの栗
公園の栗の木に実が成っていました。

「自分の価値って何だろう?」

ネガティブモードのスイッチが入ると、

「私の存在って無意味!?」

そんな風にも思いだしてしまうことありませんか?

私のばあい、今回の停滞の渦はなんだか深いです。

そしてなんだか不快です。

でも、

抗わずに、渦の中にいる自分を感じていると

不快な気分はありますが、

これからの変化のための大切な時を

過ごしているのかもしれない。

そんな風に思えてきました。


風の時代という言葉もちらほら聞かれる昨今。

何かが大きく変わっていくから、

気持ちがざわついているのかもしれません。

強い風が過ぎ去ったときに、

やってくる静かな喜びや安が必ず来ることも

わかっている気がします。

自分と世界の間の歯車が、

かみ合ってくると

化学変化みたいなことが

起こるかもしれません。

私は私、

あなたはあなた。

社会は社会。

世界は世界。

自然は自然。

私という価値、

あなたという価値、

私がやりたいことをやって、

誰かの役に立てればそれは幸いなことです。

いろいろやってきたこれまでから、

自分の座標軸を

見極めていく時期でもあるかもしれません。

ネガティブなことは

望んで起こるものではありません。

何か必要があって、起こるものなのかもしれません。

そうとらえてみると、

ネガティブな事柄の中に、

新しい種が入っているかもしれません。

ちょうど秋の味覚の栗がいがいがしているように。

あなたの体験している色々にも

あなたの成長のきっかけやサインとなる

種や芽がかくれていて、

あなたに気づいてほしい。

と思っていることがあるかもしれません。

そんなときは、

自分のにやさしくたずねて

みるといいかもしれません。

即答はえられないことが多くて、

時間やそれを解明する誰かが必要かもしれません。

そんな時、

カウンセリングがお役にたてると思います。





関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment