FC2ブログ

親子関係は千差万別

2021年5月10日(月)のブログです。

家族や親子の関係は
複雑にいろんなものごとが絡んでいます。

あなたの抱える子育ての悩みは、
ママ友やSNSに出てくる悩みとは
似ていても違うかもしれません。

スクールカウンセリングの場に持ち込まれる相談。
親と子どもの関係が基に子どもの問題行動(親にとっての)

親の性格、生育歴や生育環境、経験した職業、
子どもの性格、生育歴や生育環境、
気質・体質というものもあります。

生育環境には兄弟姉妹関係や兄弟姉妹の位置、
生活文化などがあります。

ひとことで甘えてると認識してしまいがちですが、
問題行動にはその人なりのその行動の意図(目的)が
あるようです。

オリンピックで女性差別の発言が話題になった
元会長のように、わたしたちひとりひとりに
無自覚な偏見というものが、
相手の理解を妨げてしまうのでしょうか。
無自覚な偏見(アンコンシャス・バイアス)は
子育ての家族関係にもいろいろな偏見が
ちりばめられて家族関係を悪化させる場合が
あると感じています。

代表的な例は、
「お兄ちゃんだから」、「お姉ちゃんなんだから」
「もう〇年生だから」、「〇歳だから」
やれて当たり前。
というもの。

子どもとはいえ、
(という表現も偏見!?)
自分を表現し、自分らしく生きる欲があって
それなりに我慢したり、ストレスを感じてます。

親が相談にこられた時は、
問題に感じている具体的な状況を聞いて、
細かく見たり、大きく俯瞰してみたりして
改善可能な子どもへのかかわり方を
お伝えしています。

聞いているうちに、
親自身が気づいたり、
元々自覚してたけど、
やれていなかったことと思われることがあります。

その際は、それを試しにやってみて
どう関わり方とその影響が
あるのかを様子見て、
次のカウンセリングの話題にしていきます。

春日の心理相談では、
見立ては色々な側面から見て、
行動はわかりやすく
取り組みやすい
シンプルなことから提案しています。



関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment