FC2ブログ

想像つかないこともある

2019年1月25日(金)
今日は小学校でのスクールカウンセラーとしての勤務でした。
ところが仕事中に息子の幼稚園から迎え要請の呼び出しが(汗)。
同級生数名がインフルエンザなので、微熱レベルでしたが大事をとって。

1年生たちと教室で給食を食べてから早退させていただきました。

給食の時に流れる、昼の放送。
小学生の放送委員の棒読み、たどたどしさが愛らしいです。

今日は何の日というので、
1月25日は日本で観測史上最低気温を記録した日だそうです。
詳しくはこちら(今日は何の日)をご覧ください。
あくまで公式記録ですが1902年に北海道旭川でー41℃を観測したそうです。
-10℃前後を長野のスキー場で経験しましたが、
ー40℃は想像がつきません。


2019.1富士雪少な目
(河口湖からの富士山 富士山も雪が少なめです)

「想像がつかない」

臨床心理学・精神医学の対象となる人の異常心理というのも
一般人には想像がつきにくいことがあります。

人間を理解するにはその個性を理解するとともに、
人類史の歴史的事例や統計的な理解も必要です。

精神医学上の診断というのも、おおまかな捉えとして参考になります。

「病を対象とするではなく病める人を援助する」のが対人援助職だ思います。

症状に悩み苦しむ、目の前の人の理解こそ大事。

想像できないことも、理解する姿勢が援助職には求められます。


どうしてそんなことになるの!?


対処行動の一環の異常さを社会適応という正常になれば
生き方は少し楽になる。

そういう目線を持ちたいものです。

心理専門家としてのスクールカウンセラーは、
子どもの心を教員に理解してもらうよう解説する役目があります。

その人と関わり、問題のあることや関係性を見立て、関わりを改善する。

そのためにカウンセリングのセンス(感性・技術・人間観・知見)を

フル活用しています。

このことは最近、ビジネスのコンサルタントやコーチングにも

通底するものだと思っています。

企業を取り締まる経営者さんなどにもお役に立てるでしょう。

関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

長尾  

病を対象とするのではなく

病を対象とするのでではなく、病んでる人に関心を持って、観察し、想像力を磨いて共感する力を鍛えることが対人援助職には必要だと思います。

2019/01/28 (Mon) 23:09 | EDIT | REPLY |   
春日 徹男

-  

長尾さん
コメントありがとうございます。
相手の身になるということは病める人を援ける
質の高い技になりますね。

おすすめいただいたE.H.シャインの
人を助けるとはどういうことかにも
同様の記述があることを思い出しました。

春日

2019/02/01 (Fri) 10:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment