FC2ブログ

じぶんの未来を想像する力は幸福を呼ぶ

2020年4月12日(日)のブログです。
金富士
V.フランクルは第2次世界大戦時の強制収容所に
収監されて生きのびた精神科医です。


フランクルに学ぶ 斎藤啓一著 日本教文社 2000年
には、
「イマジネーションを使って未来の自分自身を見つめる」
という節があります。


過酷な強制収容所でフランクルは、
自分の未来を想像しました。


「美しくて暖かい大きな講演会場の演壇に立っていた。
前にはゆったりしたクッションの椅子に腰かけながら、
興味深く耳を傾けている聴衆がいた。
私は語り、強制収容所の心理学について講演をしたのだった。」


そしてこの想像したことは、
強制収容所から解放されてまもなくに実現したと書かれています。


自分が苦境の中にあっても、
精神までは縛られることはない。

希望する未来を描くことが、
生命力を高めて生きのびる力となり、
具体的に想像した未来が現実なものとなる。

と教えてくれる、私の好きな一節です。

こんな時だからこそ、
あなたなりの希望する未来を細部まではっきりと
描いてみましょう。
新型感染症が終息した未来に、
何を叶えましょう?


想像力を鍛えること、
想像を楽しむことは、
あなたを幸せにする力となるでしょう。

ありがとうございました。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment