FC2ブログ

拘禁反応 活動自粛の心理的影響

2020年4月10日(金)のブログです。
相談室
私が臨床心理士になりたいと、
今の専門家の道に入る決意した先生がおられます。

増井武士先生といいます。
近しい先輩に勧められて、
学会の研修のサポートスタッフにつかせてもらいました。


ある研修会で、
先生のふだんの面接を録音テープで聞く機会がありました。
来談者(相談にくる方)を何よりも理解しようと努める姿勢、
耳を澄ませて心の声や音色を聴こうとする姿勢に、
こんなカウンセラーになりたい!と身が震えたことです。


その後も大学院に通っている数年は、
ときどきスーパーヴィジョンを受け、
研修のお手伝い(荷物持ちみたいなもの)をさせていただきました。

その後は先生の論文や著書を、先生と思い
自分のカウンセラーとしての在り方を検討してきました。


もう15年以上お会いはしていないのですが、
2年前くらいにその先生を知る方とお会いして、
先生がブログを開設されたと聞きました。


コロナ騒動が収束したら、
先生の研修に参加するのが今の私の願いです。


そんな先生のブログにコロナの影響で活動自粛をしている場合の、
心の危機ということで、「拘禁反応」ということを書かれています。


私の読者さんにもぜひお読みいただければ、
自宅待機、活動自粛でのストレス反応について、
理解の一助になるかと思います。
リンクを貼りますので是非お読みください。

精神療法家 増井武士のブログ

新型コロナによる自宅待機要請と拘禁反応について


かいつまんでいうと、
知覚過敏という普段よりも感覚が過敏になって、
過剰になって対人関係などに影響が出ること。
抑うつ的になって、
落ち込んだり悪い考え方をしてしまいがちになること。
などがあります。


拘禁反応があるということを自覚して、
ご自身やご家族など周囲の人のことを思ってあげてください。


ここから春日でも3密を避けて
お話していただける準備はしております。
電話での対応も可能です。

ありがとうございました。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment