FC2ブログ

きれいな自己顕示を習得したい

2019年9月6日(金)のブログです。

自己顕示自己嫌悪
中学校の相談室の掲示板にあいだみつおの日めくりカレンダーがあります。
勤務した4日の言葉です。


「自己顕示
 自己嫌悪
 わたしのこころのうらおもて」みつお



自己顕示(じこけんじ)とは
自分の存在を目立たせ、他人の注意をひくこと。
また、自分を実際以上に見せかけること。        
ー大辞林


自己顕示って動物の求愛行動ではごく当たり前のこと。
自分をアピールしてなんぼ。
できないと子孫を残せないなんてこともあるわけです。

だからホトドキスなどの鳥は鳴き声を美しくする。
孔雀は大きく羽を広げて自分の存在をアピールする。
猿は群れのなかで一番強いものになろうとする。



人間の場合は、知識や学歴、背格好という自分のもの以外にも
所有物やお金、ステータスなんかもアピールにつかいます。


自分を実際以上に見せかけて相手によく思ってほしい。
ということで、うまくいかないと自分が嫌いに感じちゃう。
人間だもの。

というようなことを、
相田みつおという人は言いたかったのだろうと思いました。


うまくいけばいいけど、アピール下手で失敗する。
何回も何回もうまくいくまで試行錯誤して、
一回でも成功すれば今までの失敗は成功のための経験になる。

30年近く前の「101回目のプロポーズ」なんて、
ドラマがあったことを連想しました。

このドラマでは地位や名誉ではなく、
その人の人間性が相手の心をとらえることもある。
というような教訓があったように思います。


うまくいっている人は、現在においても失敗を繰り返しているといいます。
失敗することにへこみながらも成功するという目的をしっかりとらえられている。
成功するVISION(ビジョン)が見えているから成功できるときいたことがあります。


だから自己顕示自体は悪いものではなく、簡単に自己嫌悪をしないでいいと思います。
人格を向上させることや、心をきれいに磨くためには必要なものでもある。


自分も相手もハッピーになれる自己顕示の仕方を身に着けられたらいいですね。

ありがとうございました。


9月の相談室の予定表はこちらから


よろしければ「いいね」など押していただければ幸いです。


当ブログやサービスを必要としている人に届くのにご協力いただけることになります。

蜂が花粉を運ぶことで里山を支えているように。

誰かの幸せに貢献するっていいですよ!



関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment