FC2ブログ

6月に講演会をすることになりました。

2019年5月19日(日)のブログです。

先週は来月に開催が決まった某中学校での、
保護者向け講演会に向けての主催担当さんとの打ち合わせが始まりました。


PTA講演会で100名弱の在校生保護者を対象にしゃべります。
(残念ながら在校保護者限定の非公開)
まだ告知前なので具体的なことはお話できません。
6月に入るころには発表になるそうです。

何を話すか、委員さんたちからの要望を受けて組み立てることになります。

思えば一年前は、妻の出産に向けての動きがあり、ハラハラドキドキな状態で
入念な準備ができたとはいいかねますが、聴講者の満足度は高かったようです。

出産という一大事があり、講演の時の記憶はうすぼんやりです。
1時間20分もあっという間でした。

この1年前の講演会の経験で、
スピーカー(講演者)としての自信がつきました。
反応のいい聴衆のみなさんのおかげさまです。

この時に意識したのは、
仏教のお説教や落語の極意と「釈徹宗」(しゃくてっしゅう)僧侶が
が紹介していたことでした。

「初めしんみり、中おかしく、しまい尊く言い習わし」

映画一本分の講演を満足度の高いものにするには、
エンターテイメントの要素もいるのです。

思えば、講演会で話が面白くて聞きほれた河合隼雄先生は、
これのマスターだったように思います。
河合隼雄画像はネットより拝借)
河合隼雄
(京都大学名誉教授で臨床心理学を日本に広めた第一人者・元文化庁長官、海外や日本文化に精通した研究者)

今は過去の講演録がインターネットからオーディオ教材として簡単に入手できる有難い時代です。
スピーカーとして能力を磨くことがひとつのタスクになりました。

河合隼雄先生の意志を継承とまでは恐れ多いですが、
心の啓発も意欲的にしていきたい。

カウンセリングルームで個々の応援では追いつかない、
心の治安づくりの学習の場の必要を強く感じる昨今です。

微力ながら、
スクールカウンセラーなどの心の援助の経験を社会貢献につなげられれば幸いです。

今年も子育てに悩む保護者さんたちの心をほぐし、子育てを楽しめる時間を創造しようと思います。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment