FC2ブログ

自燈明・法燈明

2019年2月15日(金)のブログです。
今日は勤務する公立中学校で道徳の授業の時間をいただき
1年生と2年生に各50分ずつのお話をしました。(ご依頼受けて)
小規模校なので各学年30名前後です。

道徳という意味を利かせてスクールカウンセラーが話すには、
どんなテーマが合うんだろうと3週間ほど考えました。
この間に担当の先生に生徒たちの様子、学年のカラーなども
ヒアリングしながら考えました。

その意味を見出すのと、12歳から14歳の中学生の心に響かせるには
どういう展開がいいのかなども考えました。
しかも昼ご飯前の授業と、昼ご飯後の授業。
空腹と眠気で話は入らないのは自分の中学生時代の経験からも難易度のある時間です。

さぁ、あなたならどうします?

私はできるだけ五感の多くを活用すること、
書くこと、生徒に声を出してもらうことをしようと思いました。
そして最近意識する立体話法というものを意識して、
詩や映像を使い、今のひとりひとりの心に届くように構成したつもりです。
またyoutubeという現代文明のツールをそれに利用しました。

このツールの利用によって映像は家に帰って、
また見直しもらうことができると思ったからです。

内容はまた改めて書くとして、
テーマは「よりよく生きる心理学」としました。

生徒たちの5行程度の直後の感想文を読ませてもらいました。
それぞれの直面することに響いたり、
今後の人生の役に立てたいというコメントを多くもらいました。

たとえば、
「何気に聴いていた曲の詩にいろんな大切な言葉が入っていました」
「自分の中に光があることを知りました」などなど。

過去のブログでも紹介したかもしれませんが、
私の座右の詩歌があります。


中学生の自己確立の途中にぴったりな映画でもあり、
自分の中にわたしのたいせつなものや可能性があるということが
表現されています。

この詩から連想されるのは、
仏教の開祖釈迦が死期を意識したときに弟子たちに伝えたとされるメッセージです。

「自燈明・法燈明」です(←クリックするとwikipediaの意味が説明されたページに飛びます)

自らをよりどころとして釈尊の教え(仏法)を頼りにせよ。
というような意味です。

自分の中にある光に気づき、
光の力を優しく強くして、
自他の幸福を得られますようにとのメッセージを伝えることができました。

よりよく生きるために、一生に残る50分であったら幸いです。

合掌。


関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment