FC2ブログ

category: 未分類  1/6

変化のためには自分の箱から出て活動してみる

No image

2019年8月17日(土)のブログです。山梨は台風10号の影響は短時間に強い雨が何度か降った程度でした。南アルプスや秩父山系の高い山々に囲まれているせいか、こま切れ肉みたいに小分けになるのでしょうか。同じ市内でも5キロも行くと雨雲から抜けるようなことがよくあります。お盆は両親の郷里である熊本に父と御先祖様たちの墓参りに、母親や兄弟とその家族と集合していく予定でした。ですが台風の影響で、山陽新幹線の...

  • 0
  • 0

出会いは最良の別れに向けて

桜が満開の季節となりました。桜花を愛でる時期はせいぜい1週間と短いものです。日本人はこの桜に人生を重ねることが多いそうです。つまりは人生ははかないものであると。すべての出会いとすべての対人関係において、ただひたすら最良の別れに向けて不断の努力を傾ける。(岸見一郎/幸せになる勇気.より)ラボラトリートレーニング(Tグループ と言われることも多いです)という短気宿泊型の人間関係のトレーニングのスタッフを...

  • 0
  • 0

「受けるより与える方が幸いである?」

No image

先日、毎月のお便りを出している学校の卒業式でした。お便りを書く時は、実際に相談に来た生徒の悩みや日々のちょっとした出来事の思い出が伝えたいことに出てきます。卒業していく生徒たちや保護者に向けたの最後のメッセージのつもりで書きましたものを転載します。「受けるより与える方が幸いである?」 わたしは、自分の行う行為が誰かの役に立つことがわたしの幸せであるということを感じながら生きています。それと同じく...

  • 0
  • 0

レア(珍しい)なお話

先日は、勤務先の大学の先生に呼ばれて、発達と教育の心理学に2歳児の息子を連れてゲスト講師をしてきました。レアな話というのは、父親目線の育児を語ることで、聴講学生の反応が思いの外よかったです。担当の先生からの質問に答え、最後に学生にメッセージを伝えるという流れでした。息子も人見知り警戒をしながらも、徐々にお兄さんお姉さんと一緒に遊んでもらって満足。妊娠がわかった時の夫の感想妊娠期間中の苦労、妻へのケ...

  • 0
  • 0

No image

中島みゆきの糸を連想しました。それは、カウンセリングという営みです。縦の糸はあなた横の糸はわたし遭うべき糸に出逢えることを人は仕合せと呼びます。私というカウンセラーが発する糸はオリジナルな糸で、他のカウンセラーの糸はまた別のその人らしい糸なんだとの思いがあります。私という歩んできた歴史、思想、願いなどが入った糸が、相談に来られた人の糸と、たて糸とよこ糸で織り成されていきます。再び糸の歌詞を、織りな...

  • -
  • -