FC2ブログ

こころとからだのカウンセリング春日

心理療法と氣光整体で心と身体のケアをしています

2019年5月20日(月)のブログです。

徳和渓谷の水平弧
(GW中に乾徳山の登山口の吉祥寺から見えた水平の虹です)

昨日はブログに落語や仏教の説教の極意とされることを書きました。

「初めしんみり、中おかしく、しまい尊く言い習わし」

落語が生み出される過程にも仏教が関わっているからなんですね。
それはあるお坊さんが落語を創ったようなものらしいのです。

落語のように面白おかしく、時には泣かせる語りで人生の機微を説ければ最高です。
そんなカウンセリングを私は心がけています。

さて、
昨日の説教の極意というものをTVで紹介していた、
僧侶の釈徹宗さんが監修していたある番組で、
仏教のお話のひとつの維摩経(ゆいまぎょう)の解説番組がありました。

今日はその時の解説テキストを読み直しています。

人間を援助する原点のひとつの体系は仏教にあると思います。

日本人に最も馴染みやすい人間理解の体系ともいえるでしょう。

その仏教の経典のひとつの維摩経は、お寺のお坊さんのような
出家して仏道修行をする人ではなく、俗世間で生活する人のための
教えでもあるとされているところが特徴のようです。

その教えのある一点は、

自分の都合をできるだけ小さくして生きる。

ことであると解説されています。

自分の都合とは、

自分の人やものに対する思いといえるでしょうか。

自分の思いを小さく、もしくは手放すこと。

この体験を広げていくことは、

今流行りの”マインドフルネス”そのものです。

そしてマインドフルネスと言われたり、仏教の説く人間関係論は、

心理カウンセリングで自己理解を得て、進んで行く治療の道と同じものだと

私は思いました。

これは親、夫婦、子どもとの関係、日常の人間関係全般に役立つものです。

とらわれ、こだわりを理解し手放してみる。

ここを目指してみることで人生は変化しはじめるでしょう。

******************************
相談希望や感想、メッセージは下記アドレスまでお願いします。

iamkasugan*gmail.com(*を@に変えてください)

返答には数日かかるものと思ってください。
******************************





6月に講演会をすることになりました。

2019年5月19日(日)のブログです。

先週は来月に開催が決まった某中学校での、
保護者向け講演会に向けての主催担当さんとの打ち合わせが始まりました。


PTA講演会で100名弱の在校生保護者を対象にしゃべります。
(残念ながら在校保護者限定の非公開)
まだ告知前なので具体的なことはお話できません。
6月に入るころには発表になるそうです。

何を話すか、委員さんたちからの要望を受けて組み立てることになります。

思えば一年前は、妻の出産に向けての動きがあり、ハラハラドキドキな状態で
入念な準備ができたとはいいかねますが、聴講者の満足度は高かったようです。

出産という一大事があり、講演の時の記憶はうすぼんやりです。
1時間20分もあっという間でした。

この1年前の講演会の経験で、
スピーカー(講演者)としての自信がつきました。
反応のいい聴衆のみなさんのおかげさまです。

この時に意識したのは、
仏教のお説教や落語の極意と「釈徹宗」(しゃくてっしゅう)僧侶が
が紹介していたことでした。

「初めしんみり、中おかしく、しまい尊く言い習わし」

映画一本分の講演を満足度の高いものにするには、
エンターテイメントの要素もいるのです。

思えば、講演会で話が面白くて聞きほれた河合隼雄先生は、
これのマスターだったように思います。
河合隼雄画像はネットより拝借)
河合隼雄
(京都大学名誉教授で臨床心理学を日本に広めた第一人者・元文化庁長官、海外や日本文化に精通した研究者)

今は過去の講演録がインターネットからオーディオ教材として簡単に入手できる有難い時代です。
スピーカーとして能力を磨くことがひとつのタスクになりました。

河合隼雄先生の意志を継承とまでは恐れ多いですが、
心の啓発も意欲的にしていきたい。

カウンセリングルームで個々の応援では追いつかない、
心の治安づくりの学習の場の必要を強く感じる昨今です。

微力ながら、
スクールカウンセラーなどの心の援助の経験を社会貢献につなげられれば幸いです。

今年も子育てに悩む保護者さんたちの心をほぐし、子育てを楽しめる時間を創造しようと思います。

2019年5月15日木曜日のブログです。

今夜は無性に焼きそばが食べたくなり、
焼きそば用の麺を買って帰宅しました。

いつもは豚バラ肉を使うのが、粉もんのB級グルメっぽさを味わえるのですが、
今日のうちにはバラ肉がなくて肩ロースの薄切りでした。
こちらもスーパーAの火曜特売で安く買えたのです。

やきそばに投入は初挑戦でしたが、これからは肩ロース薄切りを定番にしたいくらいに
味わいが変わりました。
たった数百円の差で、何だかとってもリッチな気分に!

常識や固定観念にしばられてたものが崩壊した!!
と大げさに言いたいくらい、豚肉のちょっと違うものを入れることの効果があります。

豚バラもいいですが、肩ロース薄切りはおススメです。

ちょっとした違いを創ることは人生の味わいを豊かにする!

これは料理だけに限りません。

たまには普段と違うことをしてみましょう。

自分の楽しみにちょっと一工夫。
嫌なことをするときに楽しめる何かを取り入れる工夫。

いろいろな一工夫が現実を豊かに彩る場合があります。

今、日常に閉塞感があるなら、一工夫を考えてやってみることをおススメします。










心の整理

2019年5月11日土曜日のブログです。

ブログアプリなどの設定がうまくいかないで、更新意欲が落ちていました。
今もまだスッキリしないのですが、書き残したいこともあるのでぼちぼちあげていきます。

いくつも仕事上の気がかりがあるのですが、
昨日は仕事のあとに山梨市のフルーツ公園に散歩しにいきました。

歩く、動くことで何か気がかりに対する構えが楽になりました。

楽になったのは、自分では思っていても何もならない。天にお任せしようと、公園から大きく見える富士山にポーンとトスをするイメージで気がかりごとを手放しました。

決まらない、連絡がないこともいずれ動くし、時が来るようになっているもんです。

だいたいこういう手放しとお任せができれば、その後はスッキリすることが何回もありました。

動くだけ動いたらいいけど、どうにもならないものは天にお願いして手放すと意外な解決がくるものです。

心残りや気がかりを手放して楽しい週末を過ごしましょう。



201905111105310df.jpeg

平成天皇夫婦の物語に思う

2019年5月1日(水)のブログです。
桜と富士山2019春

日本史上では時代の節目となった一日です。
平成から令和の時代へ。
写真は平成最後の4月に観れた河口湖からの桜と富士山。

昨日興味深く見たのは、美智子妃殿下(今は上皇后)のドラマでした。
皇族初の民間人の妃ということで、華族などからは批判やいやがらせもあったそうです。

厳しい扱いを受けながらも、立派に天皇の妃である皇后になられたのだなと
感銘を受けました。

そしていつの世も貴賤の身分は関係なく、
人は人を誹謗中傷するものということを思いました。

公開された日記を元に作られたドラマだとのことですが、

当時の皇太子は、自分の家族を大事にしたい。
自分は家族らしい家族に育っておらず人の情というものに薄い。
だから妃となる人は人の情に厚い人がいいのだ。
と従者に思いを伝えたといいます。
身分や家柄ではなく、人の情愛に価値を置いた上皇もまた時代の先駆者だったと思います。

退位特番の平成史のドキュメンタリーでは、
1992年に歴史上初めての天皇が中国を訪問したことも印象に残りました。

こちらも国内に賛否両論ある中での訪中が決まり、
その天皇としての発言が注目されました。
日中友好のカギは、政治によるものではなく両国民の友好的交流にあるとの
考えを示されたのでした。

1989年から2019年の平成30年とちょっとは国の象徴として、私たちはこれからどうしていくのがいいかを考えて行動されたのが、平成の天皇夫婦だったのでしょう。

バブル崩壊、リーマンショックと不況や数々の災害に見舞われた平成でしたが、
苦しみを経験しながらも、今とこれからを考えて前に進む。

権力者ではなく被災者などには苦しみに共感し勇気を与えることができる
人間として見習うべきリーダーシップがおありだったと思います。


感謝。