FC2ブログ

こころとからだのカウンセリング春日

心理療法と氣光整体で心と身体のケアをしています

不登校ということ(No.136)

2019年9月14日(土)のブログです。
昇仙峡からの富士

不登校新聞(NPO法人 全国不登校新聞社)という媒体をご存じの方は少ないと思います。
不登校新聞のサイトはこちら

先日、NHKの「逆転人生」という番組で編集者が出ていました。

最新のトピックスでは、


依存症の第一人者である精神科医の講演記事が紹介されていました。
保護者や子どもにかかわる人々には参考になるので一読をおすすめします。


不登校経験者が記者や編集に携わっている組織なのですが、
一時は購読者数が激減し廃刊の寸前までいっていたとのこと。
この新聞の体験者の声や援助の専門家の記事で救われた保護者や当事者もいます。


ちなみに不登校とは、病気や経済的事情を除いて年間30日以上在籍する学校を欠席している状態のことです。
全国の不登校の人の数は144万人もいるのです(国の発表)。
不登校の定義がされるまで、学校恐怖、登校拒否、怠学など様々な言葉で表されてきました。

誰もわが子やクラスの子が不登校になるとは思ってはいませんが、
なるときはなってしまうもの。


30年前に小学生だった頃に、クラスメイトが長期欠席していたのを覚えています。
その子のためにクラスで寄せ書きしたり、
たまに登校したときはみんなで声をかけたり安心したりした思い出があります。
結局はそのまま学年が変わって卒業もして、その子がどうなったかはわかりません。


スクールカウンセラーになった今は、
不登校になりかけな生徒から、なってしまった生徒、
不完全ながらも学校復帰してきた生徒などさまざまな段階の支援をしています。

子どもに会えない場合は、葛藤を抱える保護者を勇気づける、
子どもの状況を理解できるように心理学的な情報を与えるなどの支援があります。
そうこうしているうちにひょんなきっかけで子どもが登校を再開していくことがあります。

こうすれば絶対不登校は治りますという考えにはなかなかなれません。
不登校を治すというよりもよりよく生きるための支援が必要ではないかと考えています。
不登校の時期は本人にとって家族にとって、大切な人生の学びの時期です。

いじめを受けた場合など命がけで、死ぬ思いしてまで学校に行く必要もありません。
クラスや学校が安心・安全と思えるように環境調整をする必要も出てきます。

ケースバイケースでその不登校が意味するものを理解するという視点を、
もって関わったほうがよいと思います。
身近にスクールカウンセラーや心理の専門家がいる場合は、
相談なさることをお勧めします。

中学校には全校配置され、校区の小学校も要請すれば相談に乗ってもらえます。
各地教育センターなどにも臨床心理士がほぼ配置されていますので、
活用されてみてください。


子どもの時代の心の傷は、
後々の人生にも影響が出るので早期にケアされる必要があります。

ありがとうございます。




「いいね」やシェアしていただければ幸いです\(^o^)/



感謝状をもらいました(No.135)

2019年9月13日(金)のブログです。

勤務する小学校では運動会の練習がスタートしていて、校庭はにぎやかでした。
今日は面接を続けている低学年の児童から感謝状をもらいました。


一生懸命に漢字で「有難う御座います」と書かれていて、
心を込めて書いてくれたことを強く感じて嬉しさや敬意が伝わってきます。


春日先生は人生を変えてくれた神様のような存在と(*’U`*)
私と会うのをいつも楽しみにしていると保護者や担任からも聞きました。


こどもの気持ちに耳を傾けて、言葉にならないことを言葉にする。
心の翻訳機能になろうと寄り添い、心を響き合わせようと対面してきた結果と思います。
他人に自分の心を理解してもらえたという感覚は
こどもにとってとても大きなことだという風に思います。
心理カウンセリング(心理療法)の他にない力のすごさだと思います。

子どもは人を信頼し、安心・安全な日常で過ごすことでしあわせな大人になれます

今までも何度か、面接を終えるときに子どもから感謝状をもらったことはありますが、
こどもの時代に、対人関係で問題を生じてしまうのはかわいそうなことでありますが、
それを乗り越える手助けができてよかった。
この仕事をしてきてよかったと思える瞬間です。


しあわせな13日の金曜日となりました。

ありがとうございます。




「いいね」やシェアしていただければ幸いです\(^o^)/


空を見なよ♪(No.134)

  • CATEGORY
  • COMMENT0
どっちみちな雲
2019年9月12日(木)のブログです。
今日は空が面白かったので、午前中は甲州市の甲斐大和の道の駅までドライブしました。

10代の私が好きだった曲に
シャ乱Qの「空を見なよ」(☜ youtube 0:45から本編)があります。


空を見なよ 雲が流れて行く
その先には何があるか 知らないけれど
目の前にはただじっとこっちを見て
うなずいてる おまえがいる

というフレーズを思い出しました。

自宅に到着するころに現れた雲の形は、二またに分かれる雲。
どっちの道を行く?
反対の見方をすると、どっちみち同じだよ。
と双方向からの両方のメッセージを思いました。

右側の方が整備されていていい道って感じですが、
あなたはどっちを選びますか?
どっちでも一緒ならば、できれば簡単な道をスイスイ進みたいですね。
成長を選ぶなら難しい道もありですが。

分かれ道になったら、
自分を信頼していったほうが後悔は少なく、
自分がどんどん成長できるように思います。

そんなことを感じた空でした。

気持ちいい天気の時は空を見ましょう。
何かの直感的メッセージを感じることがあります。

見上げた空はどんな空でしょう?

不空(むなしからず)


9月の相談室の予定表はこちらから



「いいね」やシェアしていただければ幸いです\(^o^)/




2019年9月11日(水)のブログです。
流しそうめんtatsu
(写真は今夏、昇仙峡で息子と流しそうめんを楽しむの巻)

2008年から6年勤めた職場(通信制高校の単位を履修する全日制専門学校)の先輩に久しぶりに電話しました。


年齢的には大先輩で、
わたしと同じ年の息子さんはじめ3人の子育てをされたママさん講師です。
生徒からの信望厚く、ほどよいお母ちゃんやお姉ちゃんのような存在でした。
写真のように息子と関われるのも先輩ママやパパたちのおかげです。


今は仕事はそこそこに趣味に忙しいとのうらやましい存在。
走ること、テナーサックス、キリスト教学、山歩き、盆踊りなどなど。


在職中からとても馬が合い、今でも帰阪の折は一緒に飲んだりと親しくしていただいています。
当時、職場で在籍生の保護者交流会を私が企画運営していましたのを、
退職の際にお願いして引き継いでいただきました。


今、保護者の協同支援や交流の場を開設しようと思案していて電話で相談に乗ってもらいました。
対話しながら大切な視点、必要なことなどを確認し、連想からアイデアもわいて有意義でした。


持つべきものは家族の他にいざというときに耳を傾けてくれる親友、
相談できるメンター(師匠や先輩)。互いに尊敬できる存在です。



今も学校で生徒を支援するスクールカウンセリングだけではなく、
子育てに問題をかかえる保護者の孤立を支援する必要性を感じています。
その原点は、当時の保護者交流会での保護者の横のつながりをつなぐような役割でした。
自助活動、相互援助的なつながりが活性化できたことが大きかったように思います。

今、学校の枠を超えて、
乳幼児~中学生くらいの子育てママやパパの交流の場を作ろうかと考えています。
具体的に立案して、協力してくださりそうなママさんたちに提案しようと思います。

ありがとうございました。


9月の相談室の予定表はこちらから

「いいね」やシェアしていただければ幸いです\(^o^)/








2019年9月10日(月)のブログです。
アサギマダラ
(写真は笛吹市芦川町の新道峠で出会ったアサギマダラです)

今日は幼稚園で月に一度のお誕生日会でのお仕事でした。
この幼稚園では、誕生月の子どもをお祝いするため、
該当月の子の保護者が幼稚園に参観にくるというシステムがあります。

今年度初の試みで、その保護者とカウンセラーと懇談会が組まれています。
子どもの自己紹介をして、あれば悩んでいることをたずねてもらうようにしています。

今日は4組の保護者が参加されました。
講演会や研修とは違いごく少人数での特別な機会です。


今日はたまたま複数の子どもがいる保護者の、
きょうだい関係についての質問が重なりました。
特にはきょうだいがケンカする時に母親が仲裁するべきかどうか。
最近まで夏休みだったので、一日中ケンカになるので母親のほうが我慢の限界に達してしまったと。


色んな理由が考えられますが、
先輩保護者の工夫も発表されて具体的にケンカをとめることや、
きょうだい間の距離を取る工夫を考える時間となりました。


大事な点は母親からなりの第3者に止められたりすると、
きょうだい共にもやもやした気持ちや我慢が生じて解決にならないということ。
お互いが納得いくような仲裁にもっていけるかが鍵だと思いました。


きょうだいげんかをすることで、お母さんにどっちが大事か決めてほしいという、
子どもの気持ちも見え隠れするということも保護者の感想にありました。


工夫のアイデアを何個かもって帰ってもらえたようなので、
実践報告をお願いしてお開きとしました。


家族の個性を尊重しながら同年代の子を持つ親が助け合う雰囲気で交流するって、
今の核家族の時代にはとても有意義なことだと思います。


このような保護者交流の場を主催しようか検討中です。
賛同いただける現役保護者が数名いたら1~2か月の間にやってみようと思います。
対象は幼保、小中学校在籍の保護者で豊かな年代差があるといいかなと考えています。

今日もありがとうございます。

9月の相談室の予定表はこちらから

よろしければ「いいね」など押していただければ幸いです。


当ブログやサービスを必要としている人に届くのにご協力いただけることになります。

蜂が花粉を運ぶことで里山を支えているように。

誰かの幸せに貢献するっていいですよ!