FC2ブログ

こころとからだのカウンセリング春日

心理療法と氣光整体で心と身体のケアをしています

心も成長痛に悩まされる

2019附属中講演会 

2019年6月21日(金)
「思春期の親子の問題を考える」という題で、
勤務する山梨大附属中のPTAの主催で保護者に向けた講演会を行いました。

80名ほどの保護者が山梨大学の学校内にある赤レンガ館に集まってくださり、
我が子の思春期に向き合うヒントを得て帰ろうと熱いまなざしを感じました。

昨年にひきつづき2回目の同校での講演会で、
テーマの関心の高さがうかがえました。

講演を終わってから、
あれも伝えたい、これも伝えたかったと
連想がわきつづけました。

心も成長痛に悩まされる。

とシンプルな言葉が湧きました。

思春期の身体に成長痛という膝などの関節痛とかがあるように、
心(脳)にも成長に伴う痛みが生じているということです。

しかも、
本人だけでなく、心の成長痛は家族や他人をも巻き込む。

だから親は子どもへの対応に悩むのです。

「距離感」「話しかけ方」などの関わり方は、

我が子でありながらも???だらけ。

講演では、親子という関係だけでなく

男女(夫婦、異性の子ども)についても話ましたが、

いただいた時間の15分オーバーでも話したりませんでした。

熱いまなざしに動かされて、口もなめらかになりましたが、

どんな感想を持っていただけだろうか。

平日の昼間に関わらずご参加くださりありがとうございました。

講話をさせていただいた私としての感想は、

2時間じゃ足りないので、

連続の「親子の心の学校」のような

勉強会を企画していきたいと思います。

教育相談(カウンセリング)では、個の問題の話を聴く援助ですが、

勉強会は集団で参加者同士のつながりや学びが期待されるところです。

企画が形になりましたら、

当ブログでも発表いたします。

こんなことやってほしいという要望がありましたら、

コメントやメールをいただけたら取り入れたいと思います。

iamkasugan(a)gmai.com
(a)を@に変換ください。






自他を傷つける棘



2019年6月6日(木)のブログです。

最近は、通勤の道で薔薇の花をよく見かけます。

季節の花を見るのは心が和みます。

薔薇

薔薇の愛好家は全国にいらっしゃるようですね。

山梨県のローズガーデンもけっこうあります。

http://baraen.net/19.html


花は綺麗でいい香りですが、ちくっと痛いのが薔薇の茎に生えているトゲです。


小学生の時の思い出は、

兵庫県伊丹市の瑞ヶ池(ずがいけ)公園のバラ園でかくれんぼなどで遊んでいて、

トゲが刺さったことを思い出します。



 山川草木には当時の記憶を回想しやすい機能があると、書いていて思いました。

薔薇のトゲで連想することが人の心にもトゲがあるということです。

薔薇のようにわたしたちも外に向けて多少の棘が出ていることがあります。まるで自分を守るのよう  

うに。

「あの人は、なんかとげとげしている」という表現もあります。


そして、外に向いている刺は想像しやすいのですが、人間の場合は困ったことに内側に棘が向いて、

自分の心を傷つけてしまうことがあります。


過去の自分の失敗、後悔がトゲ化しているのでしょう。


たとえば人とうまく付き合うすべとして覚えたことで、自分が周りに合わせて我慢して、無理に人に  

合わせることで自分にトゲをさしてしまっているかのような人にカウンセリングの場で出会います。


自分の思いに素直になれず嫌なことを我慢していると、刺が自分に向いて刺さるかのように自分が痛

んできます。

自分に向いている刺を取り除く、削る、抜くように人との向き合いかたを変えることができること 

が、カウンセラーがお手伝いできることかもしれません。


 誰かの棘が刺さって痛んでる人もいます。見えない刺がささっているように感じたら、カウンセラー

 にご相談ください。



2019年5月20日(月)のブログです。

徳和渓谷の水平弧
(GW中に乾徳山の登山口の吉祥寺から見えた水平の虹です)

昨日はブログに落語や仏教の説教の極意とされることを書きました。

「初めしんみり、中おかしく、しまい尊く言い習わし」

落語が生み出される過程にも仏教が関わっているからなんですね。
それはあるお坊さんが落語を創ったようなものらしいのです。

落語のように面白おかしく、時には泣かせる語りで人生の機微を説ければ最高です。
そんなカウンセリングを私は心がけています。

さて、
昨日の説教の極意というものをTVで紹介していた、
僧侶の釈徹宗さんが監修していたある番組で、
仏教のお話のひとつの維摩経(ゆいまぎょう)の解説番組がありました。

今日はその時の解説テキストを読み直しています。

人間を援助する原点のひとつの体系は仏教にあると思います。

日本人に最も馴染みやすい人間理解の体系ともいえるでしょう。

その仏教の経典のひとつの維摩経は、お寺のお坊さんのような
出家して仏道修行をする人ではなく、俗世間で生活する人のための
教えでもあるとされているところが特徴のようです。

その教えのある一点は、

自分の都合をできるだけ小さくして生きる。

ことであると解説されています。

自分の都合とは、

自分の人やものに対する思いといえるでしょうか。

自分の思いを小さく、もしくは手放すこと。

この体験を広げていくことは、

今流行りの”マインドフルネス”そのものです。

そしてマインドフルネスと言われたり、仏教の説く人間関係論は、

心理カウンセリングで自己理解を得て、進んで行く治療の道と同じものだと

私は思いました。

これは親、夫婦、子どもとの関係、日常の人間関係全般に役立つものです。

とらわれ、こだわりを理解し手放してみる。

ここを目指してみることで人生は変化しはじめるでしょう。

******************************
相談希望や感想、メッセージは下記アドレスまでお願いします。

iamkasugan*gmail.com(*を@に変えてください)

返答には数日かかるものと思ってください。
******************************





6月に講演会をすることになりました。

2019年5月19日(日)のブログです。

先週は来月に開催が決まった某中学校での、
保護者向け講演会に向けての主催担当さんとの打ち合わせが始まりました。


PTA講演会で100名弱の在校生保護者を対象にしゃべります。
(残念ながら在校保護者限定の非公開)
まだ告知前なので具体的なことはお話できません。
6月に入るころには発表になるそうです。

何を話すか、委員さんたちからの要望を受けて組み立てることになります。

思えば一年前は、妻の出産に向けての動きがあり、ハラハラドキドキな状態で
入念な準備ができたとはいいかねますが、聴講者の満足度は高かったようです。

出産という一大事があり、講演の時の記憶はうすぼんやりです。
1時間20分もあっという間でした。

この1年前の講演会の経験で、
スピーカー(講演者)としての自信がつきました。
反応のいい聴衆のみなさんのおかげさまです。

この時に意識したのは、
仏教のお説教や落語の極意と「釈徹宗」(しゃくてっしゅう)僧侶が
が紹介していたことでした。

「初めしんみり、中おかしく、しまい尊く言い習わし」

映画一本分の講演を満足度の高いものにするには、
エンターテイメントの要素もいるのです。

思えば、講演会で話が面白くて聞きほれた河合隼雄先生は、
これのマスターだったように思います。
河合隼雄画像はネットより拝借)
河合隼雄
(京都大学名誉教授で臨床心理学を日本に広めた第一人者・元文化庁長官、海外や日本文化に精通した研究者)

今は過去の講演録がインターネットからオーディオ教材として簡単に入手できる有難い時代です。
スピーカーとして能力を磨くことがひとつのタスクになりました。

河合隼雄先生の意志を継承とまでは恐れ多いですが、
心の啓発も意欲的にしていきたい。

カウンセリングルームで個々の応援では追いつかない、
心の治安づくりの学習の場の必要を強く感じる昨今です。

微力ながら、
スクールカウンセラーなどの心の援助の経験を社会貢献につなげられれば幸いです。

今年も子育てに悩む保護者さんたちの心をほぐし、子育てを楽しめる時間を創造しようと思います。

2019年5月15日木曜日のブログです。

今夜は無性に焼きそばが食べたくなり、
焼きそば用の麺を買って帰宅しました。

いつもは豚バラ肉を使うのが、粉もんのB級グルメっぽさを味わえるのですが、
今日のうちにはバラ肉がなくて肩ロースの薄切りでした。
こちらもスーパーAの火曜特売で安く買えたのです。

やきそばに投入は初挑戦でしたが、これからは肩ロース薄切りを定番にしたいくらいに
味わいが変わりました。
たった数百円の差で、何だかとってもリッチな気分に!

常識や固定観念にしばられてたものが崩壊した!!
と大げさに言いたいくらい、豚肉のちょっと違うものを入れることの効果があります。

豚バラもいいですが、肩ロース薄切りはおススメです。

ちょっとした違いを創ることは人生の味わいを豊かにする!

これは料理だけに限りません。

たまには普段と違うことをしてみましょう。

自分の楽しみにちょっと一工夫。
嫌なことをするときに楽しめる何かを取り入れる工夫。

いろいろな一工夫が現実を豊かに彩る場合があります。

今、日常に閉塞感があるなら、一工夫を考えてやってみることをおススメします。